入れ歯|足柄上郡開成町 歯科,小児歯科,歯科口腔外科,ナノケアなら、きばやし歯科クリニック

小田急小田原線「開成駅」西口徒歩1分

  • お問い合わせフォーム
  • 電話:0465-83-7117電話:0465-83-7117

営業時間:10:00-13:00/15:00-20:00(土曜午後:14:00-19:00)
休診日 木曜・日曜・祝日

入れ歯

金属床義歯

保険の入れ歯では、入れ歯の土台(床)の部分はプラスチックで作られます。十分な強度を持たせるために床が厚く作られ、そのために食事の温度がお口に伝わらなかったり装着した時に違和感があったりします。

金属床義歯とは、土台となる部分を金属が作られた入れ歯です。金属を使用することで、薄い土台でも強度を持たせられ、装着感がより自然です。また、金属が熱や冷たさを伝えるので、食べ物の味そのものを味わえます。

フレキサイトデンチャー

入れ歯のバネが歯茎の色をしており、金属の色が見えず自然な仕上がりとなります。維持の部分のみ金属となり、素材も普通の素材より強いものを使っています。

バネの見えにくい入れ歯

部分入れ歯をお使いの皆さんは、金属のバネを歯にひっかけていらっしゃると思います。このバネにより、入れ歯を横揺れやしずみ込みからなるべく防いでいる仕組みです。噛む力はかなり強いので、バネも強い維持力や把持力を持つ金属でないと簡単に折れてしまいます。これがバネが金属である理由の一つです。しかし、奥歯にバネをかけるならともかく、前歯にかけていらっしゃる方は見た目が気になる方も多いのではないかと思います。

その悩みを減らすために『バネが見えにくい入れ歯』があります。入れ歯の素材も普通のものより強いプラスチックを使い、バネも歯ぐきと同じ色のものを使い、見た目に入れ歯とわかりにくい構造になっています。見た目を良くする、普通の入れ歯より強い樹脂を使う・・・という一歩進んだ治療のため、保険適用ではありませんが、見た目を気にされる患者様には好評です。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャーは金属を使用しない自費診療による入れ歯です。通常の保険義歯では、強度のためにある程度の厚みが必要となりますが、ノンクラスプデンチャーは軽く薄いため、違和感少なくなります。また、内側の金具もなくなるのでフィット感が良く、違和感も少なくなります。
実際に比べて頂ければ、弾力性や重量感も感じていただけるかと思います。
詳しい情報をご希望の場合はご相談ください。

ノンクラスプデンチャーの特徴

  • 金属を使用しないため、入れ歯と気づかれにくい。
  • しなやかで丈夫、割れにくい。
  • 無味無臭で、アレルギー反応が起きにくい。
  • 従来の入れ歯の約半分の重さ。
  • ガムや餅なども、入れ歯につきにくい。
ページの先頭へ